「 2015年11月 」一覧

第一金曜日の夜を心安らかに迎える

毎月第一金曜日はアメリカで雇用統計が発表されます。

発表の前後は為替レートが大きく動きますから、
大半のFXデイトレーダーは第一金曜日は飲みに行ったりせず、
パソコンの前に張り付いています。

FXは「売り」からも「買い」からも入れますから、
上がっても下がっても、
利益を出すことができるし、
損失が出ることもあります。

レートが動かないということが、
トレーダにとっては一番の敵なのです。
(預金利息のようなスワップ狙いは別です)

FXに投資をしていたときは、
第一金曜の夜になるとソワソワしていたものです。

しかし、
200万円以上の利益を出しながらも、撤退……。

撤退したFXの利益は500万円強だと判明
という記事で書いたように、現在はFXから撤退しているので、
第一金曜日の夜も心安らかに迎えることができます。

あ~~インデックス投資に移行してよかった!!


女性の44%が90歳以降も生きている

先日受けたファイナンシャルプランナー主催の勉強会で、
もうひとつ新たにおしえてもらったのは、

「女性の44%が90歳以降も生きている」

ということです。

ライフプランって何となく85歳くらいまででよさそうな感じだけど、
「100歳までは破産しないようにライフプランを立てましょう」
ということでした。

しかし90歳以降の生活費ってどれくらい見積もればいいのでしょう?

お金を使うエネルギーを失わない!
という記事の中で、
「70代の半ばを過ぎると、
もう人は、なかなかお金を使えません・・」
ということでした。

健康度合いによってもかなり異なるでしょうが、
とりあえず自分の身の回りのことはできる程度に健康だと仮定すると、

現在と変わらないのは住居費と光熱費
車関係費や保険積み立てがなくなり
食費は20%減くらい?
旅行費用もかなり減りそう。

でも医療費は増えそう。

80代後半以降の家計簿も知りたいものです。


給料を半分以下に?

週末はファイナンシャルプランナーの友達に誘われて、
マネープランに関する勉強会に行ってきました。

年金
不動産投資
贈与・相続
保険
NISA・確定拠出年金
など様々な分野でファイナンシャルプランナーが
講義をしてくれたり、相談に乗ってくれたりする催しです。

そこで新たにわかったこと

以前、70歳まで年金を受け取らない選択
という記事を書きましたが、
その選択ができるのは65歳からだそうです。

私の年齢では、厚生年金の報酬比例部分が61歳から支給されるのですが、
これは「先延ばしにする」というチョイスはないそうです。

で、年金を満額もらうには、

月額報酬(賞与も含む)と年金の合計額が
28万円以内でなければならない

のだそうです。

となると61歳以降に仕事を続ける場合、
給料を現在の半分以下にしないと
年金を満額もらうことができないのです。

うーーーーーーーん。
悩むところだなぁ。。。。。。。

せっかく掛けてきた年金なんだから、満額もらいたいけど、
できれば今のまま仕事も続けたいし。

まぁ仕事の依頼がなくなれば、いやおうなくリタイアですけどね。

年金もらうようになるまであと3年半。
じっくり考えよう。