お金を使うエネルギーを失わない!

資産形成に関する情報はたくさんあって、
とても為になるものも多く、
色々と参考にさせてもらっていますが、
資産の取り崩し方に関する情報はとても少ないです。

だから、毎月分配型の投資信託がリタイア世代に
人気なのでしょう。

でも手数料や税金を考えると、
「どうしたもんかなぁ。。。。。。」
と思っていたところ、
グッドタイミングでカン・チュンドさんのメルマガ
「定年退職後に守るべき、5つの資産運用ルールとは?」
が届きました。

インデックス投資で資産形成するときと同様

ポートフォリオからの『解約』は資産の配分通り

に行えばいいんですね!

で、【長生きするリスク】に対応するため
資産は金額ではなくパーセンテージで引き出す

というのは、まさに目からうろこ。

リタイアしたからということで、
資産運用が終わるのではなく、
資産運用は一生続くのですね。

私は旅行が趣味で、
旅行費用で年間120万円程度使うのですが、
「これっていつくらいまで可能かなぁ?」
と考えていましたが、やはり

==============
人がお金を積極的に使えるのは、60代!
わたしが見た限り、70代の半ばを過ぎると、
もう人は、なかなかお金を使えません・・。
==============
という文章を読んで納得。

年代別の旅行統計を見ても、
ほとんどが「60代」あるいは「60代以上」となっており、
70代以上がどの程度旅行しているかの資料は
見つけることができませんでした。

で、5つの資産運用ルールのその5

===============
その年、
ポートフォリオから解約したお金は使い切る。

すなわち、
お金を使うエネルギーを失わないこと!
===============

わっかりましたぁ!

詳しくはカン・チュンドさんのメルマガをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です