「 2015年09月 」一覧

家計簿はEXCEL

子供のときから、お小遣い帳の残高と残った現金を見せないと、
次のお小遣いがもらえませんでした。

摘要に「不明」「?」が相当並んでいたとは思うのですが(笑)、
とにもかくにも、何とか帳尻合わせをしてお小遣いをもらっていました。

ですから、社会人になって家計簿をつけ始めるたのは
ごく自然な流れでした。

最初は婦人雑誌の付録で、毎日の献立が書いてあるような
独身20代女性が使うには、かなり所帯じみたもの。

パソコンを使うようになってからは、
いくつか家計簿ソフトを試してみたのですが、
どれも一長一短で、結局は自分に使いやすいように
EXCELで作って使っています。

ほぼ毎日入力し(2~3日分まとめて入力することもありますが)、
1ヶ月の入力を終えると、その合計が月次でまとめられるように
しています。

月別一覧表を見ると、使い方にかなりメリハリがあるというか、
一定していません。

昨年度は、1ヶ月北海道でほぼ毎日外食していたときの食費は
206,690円

一番安い月は
48,193円
でした。

おひとりさまにしてはかなり高いですが、
近所に住む息子がほぼ毎日ご飯を食べに来ますし、
酒代や外食、お客様を招いたりしたときの高級食材費も入っています。

食費や光熱費を削るのは、私にとってはかなりのストレスなので、
他で節約するようにしています。


損失に慣れてる?

このところの下げで、私の投資信託の評価損益ももほぼ真っ赤。

150906

これらの投資信託に乗り換えたのが昨年末から今年前半ですし、
その後は主に新興国に投資してきたので、
当然といえば当然ですね。

私には投資の才能がない…が、という記事で書いたように、
我ながら本当に投資の才能がありません。

しかし評価損益が真っ赤になってても、
取り立てて危機感はありません。

「なぜかなぁ???」

と考えてみたところ、
個別株に投資していた時代が長かったから
だと思いつきました。

個別株の場合、自分で思っていた利益が出れば
すぐに売却してしまいます。

保有しているものは評価損が出ているか、
わずかの利益が出ているものばかりです。

ですから保有銘柄の損益は
たいてい赤字で表示されています。

全く自慢にならないのですが、
自分のリスク資産は
評価損失が出ているのが普通です。

うーーーーーーん......
投資スタイルを変えたのだから、
もう少し危機感を持ったほうがいいのではないか?自分

 

自炊をがんばる!という記事で書いた野菜

●いんげん、ピーマン、なす-揚げ出し野菜
●じゃがいも、きゅうり、トマト-ポテトサラダ
●つるむらさき-おひたし
●花にら、にんにく-豚肉とのオイスター炒め
●とうもろこし-茹でとうもろこし、とうもろこしご飯
●万願寺唐辛子-おかか炒め
●なす、大葉-漬物

という感じで、ほぼ使い切りました。

山形県最上町のおかげで、
このところ本当に豊かな食卓でした。


自炊をがんばる!

ふるさと納税

ふるさと納税

山形県最上町からふるさと納税のお礼の品が届きました。

この自治体も去年に続いて2度目のふるさと納税です。

下記13種類の野菜とパスタソースが入っていました。

●いんげん
●じゃがいも
●トマト
●きゅうり
●つるむらさき
●なす
●たまねぎ
●花にら
●にんにく
●とうもろこし
●万願寺唐辛子
●大葉
●ピーマン
●パスタソース

そして丁寧に野菜の調理法を説明したリーフレットも同封されています。

「私たちがつくりました」というリーフレットを見ると、一人暮らしを始めた時に、今は亡き母があれやこれやとダンボールに詰めて送ってくれた当時を思い出します。

「パスタソースって、きっと最上町のお母さんたちが(私より年下かも知れないけど)、丹精こめて作ってくれたんだろうなぁ」
なんて......

何一つ無駄にしないよう、自炊をがんばります!
手始めはナスの塩漬け。
ナスは長ナスと漬物用の小ナスの両方が入っていましたが、漬物用の小ナスの中には、ちゃんと大葉も入れてくれる心遣いです。

自分がどれくらい税金控除になるかはこちらのサイトでわかります。

私は今年はあと10,000円程度です。

毎年同じ自治体に寄付していると、本当に「第二の故郷」という気がしてきます。