400万円以上減っても大丈夫でした

日経平均終値

8月17日 20620.26
      ↓ 
8月25日 17806.70(-13.64%)
      ↓ 
8月28日 19136.32(+7.47%)

結局8月17日の日経平均終値から現在までの下げは-7.20%です。

インデックス投資家さん達のブログを拝見すると、ほとんどの方が

「通常通りバイ&ホールドをするのみ」
「むしろ、下がってくれたら購入口数が増えるかられしい」

と、皆様いたって冷静なようです。

振り返って自分の資産は

8月17日 85,416,206
      ↓ 
8月25日 81,173,909(-4.97%)
      ↓ 
8月28日 83,066,655(+2.33%)

Money Forwardで表示される資産総額を比較しただけで、
各銘柄詳細に調べたわけではないので、
多少のずれはあるかもしれませんが、
結局8月17日から現在までの下げは-2.75%です。

17日と比較すると25日は400万円以上下がっています。

しかし根っからポジティブシンキングなので、
日経平均の下げに比べて、自分の資産の変化が少ないのは、
ひとえに国内債券のおかげだと感謝しています。

投資用資産と位置づけている中でのアセットアロケーションでは
国内債券=35%
ですが、

全資産内に占める国内債券+無リスク資産(生活防衛資金など)は
55%程度で、ほぼ年齢と同じ比率にしています。

この期間内に行ったのはサテライト投資と位置づけている
野村原油を140口購入したのみ

140口×448円/口=62,720円

という取引だけでした。

この間に40億円の利益を出した日本人デイとレーダーのことをブルームバーグが報じていますが、世の中にはすごい人もいるものですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です