「-2.5%下値目安」は、2.5%以下にならないわけじゃないことを心に留める

メインで使っているマネックス証券から

「まもラップ」

というラップ型ファンドが紹介されたので、じっくり見てみました。

以前100万円を超える手数料は払いたくないという記事で、大手証券会社のファンドラップに関する記事を書きました。

マネックス証券の説明では、

ラップ型ファンドとは

ファンドの「目標リスク水準」やリターンイメージから選択ができるバランス型の投資信託

と、わかるようなわからないような説明ですが、私のイメージとしては

「投資ってよくわからないから、証券会社に一任しよう」

あるいは

「投資を検討する時間がないから、証券会社に一任しよう」

という人に向けたファンドという感じです。

【まもラップとは?】

※国内外の6資産に分散投資

↑ ↑

この部分はバランス型ファンドと同じですね。

設定当初の基本配分比率は以下の通りです。(原則として年1回見直し)

  • 国内債券 10%
  • 国内株式 30%
  • 先進国債券 20%
  • 先進国株式 10%
  • 新興国債権 10%
  • 新興国株式 20%

※基準価額の下落を下値目安値(3か月ごとに改定)までに抑えることを目標

堅実型 -2.5%

積極型 -3.5%

に下がると、現金などの比率を増やします。

↑ ↑

この部分がバランス型ファンドと異なる点でしょうか?

但し-28.8%の資産減少に耐えられるか?にも書いたように、リスクは3か月で収まるわけではありませんから、-2.5%とか-3.5%以下には下がらないわけではありません。

基準価額が10,000円で下値目安が-2.5%だとすると、

10,000円×(100%-2.5%)=9,750円 までに下落を留めるよう、現金比率を高めます。

3か月経過して改定日に基準価額が9,750円になっているとすると、

9,750円×(100%-2.5%)=9,506円までに下落を留めるよう、現金比率を高めます。

実際に2008年5月20日~10月28日(リーマンショック前後の5か月)にこのファンドを当てはめると

堅実型 -22.9%

積極型 -28.7%

となっています。

(下落目安値がない場合は -70.7%)

せっかく堅実型と積極型の2つから選べるのであれば、わずか1ポイントの差ではなく、もう少し両者のリスク許容度に差がついたほうがいいのでは?と感じます。

※購入手数料無料

※信託報酬1.05%(税抜)

大手証券会社のラップファンドが顧客のヒアリングシートに従って、100種類以上の投資スタイルを提供しているのに比べて、堅実型と積極型の2種類だけですから、その分低く抑えられているのでしょう。

時々同年代で女子会(娘から「婦人会」と改名するよう揶揄されていますが)をすると、必ず出るのが、年金と老後の生活に関する話題。

メンバーに、ファイナンシャルアドバイザーがいるせいか、投資の話もよく出ますが、結局

「投資ってどうしたらいいか、よくわからないね」

「わからないものには手を出さないほうがいいね」

「でもインフレとかになったら、老後が心配よね」

「......」

そんな熟年世代には、このファンドも選択肢の一つとなるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です