月例資産棚卸~1200万円以上も減少!!

2020年3月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比-12,028,913円(-13.83%)

1ヶ月で1200万円以上も減ってる!!!

日経平均はこの1ヶ月で-26.65ポイント、NYダウはー27.51ポイントの下落。

しかしこの1ヶ月で220万円を贈与しているので(贈与の詳細はこちら)

資産運用による減少は-11.3%

1200万円以上も資産減少した気持ちは……。

「下がっても、いつか上がるんじゃない?」

といった程度。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)は以下の通り。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年3月17日のアセットアロケーションは以下の通り

先日の記事で書いたように、

日本株式(上場TPX)を300口
先進国株式(上場インデックスファンド米国株式)を300口

130万円分以上買い増したのですが、まだまだ目標のアセットアロケーションからは乖離しています。

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

日本債券の割合が増えているので、リターンもリスクも大幅に減少し、シャープレシオはほとんど変わっていません。

果たして来月はどうなっているか楽しみです。

保有しているファンドは以下の通り
【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス

【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)

【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


そんなに慌てて参戦しなくても……

歳を取って、安定した生活がしたいと思って、インデックス投資に切り替えたのに、株価が乱高下し始めると、ワクワクしてしまうこの性格。
何とかならないものでしょうか……。

今月(2020年3月)末から予定していたイタリアをメインとしていたヨーロッパ旅行も搭乗予定の飛行機が欠航となり、中止せざるを得なくなった今、どうしても株式市場に目が向いてしまいます。

まだ、どこまで下がっていくか分からないのに、ついつい参戦。

こんなに乱高下するときは、売買注文して約定までに1日~3日ほどの時差がある投資信託はまどろっこしくて、注文と時差なく約定できるETF(上場投資信託)です。

明らかに参戦開始が早すぎる!!

でも……

目標の資産配分→本日(2020年3月14日)の資産配分
    
日本債券 55.82% → 60.97%
先進国  20.57% → 18.82%
日本株式 10.41% → 9.18%
リート  6.88%  → 5.80%
新興国  6.32%  → 5.24%

だから、「緊急リバランス」なんだと自分に言い訳。


月例資産棚卸~この後大幅に減るのですが……

コロナウィルス騒ぎで市場は急落しており、資産管理をしているマネーフォーワードでは、本日(2020年2月27日現在)総資産額が前日比370万以上減っていると表示されているのですが、20日間ほどタイに行っていたためアップできていなかった月例資産棚卸を粛々と行います。

2020年2月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+105,137円(+0.12%)

日経平均はこの1ヶ月で-3.53ポイント、NYダウはー0.17ポイントの下落。

日本株式は全体の1割しかないためか、あまり影響は受けませんでした。

(この後、日経平均やNYダウの影響を大きく受けて下がっちゃうんですが……。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)は以下の通り。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年2月17日のアセットアロケーションは以下の通り
(積み立てている個人年金や保険は、日本債券に含めています)

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有しているファンドは以下の通り

【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス


【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)


【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)


【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO


【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)


【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


終活のための資産売却~アメリカ株

投信ブロガーが選ぶ!Fund of theYearで、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) は2009年から6年連続でトップ10入りし、2012年と2013年は1位、2014年は2位でした。

また、その当時マネックス証券が米国株に力を入れ始め、手数料が大幅値下がりしたこともあり、2014年に米国株式のマイブームが発生しました。

しかし、その後日本国内で販売されるインデックス投資信託の手数料値下げ合戦が起き、

日本円で米国ドルを購入

米国株を購入

ある程度配当金が貯まると、再度米国株を購入

という手間が面倒になり、ほぼ放置状態

ポンコツ投資で40万円以上の損失という記事で書いたように、売却損が出たために

「利益が出ている銘柄の処分チャンス!」

と、米国株を全て処分しました。

売買損益を単純比較すると

24,463.72ドル-20,143.35ドル=4,320.37ドル

ですが、その間配当金が出ていたり、手数料や税金を支払ったりしています。

米国口座には最初に

2,020,057円

入金し、売却まで一切出金していませんが出金額が

2,793,918円

だったので、利益合計は

773,861円

でした。

またこの売却により、15,060円の特定口座内税還付をいただきました。


終活のための資産売却~FX

雑食投資家だったために資産があちこちに散らばっていましたが、2014年9月からインデックス投資に徐々に変換して、ある程度まとまってきました。

しかし、 月例資産棚卸~資産の終活という記事で書いたように、 終活の一環としてもう少し資産を整理したいと思い、いくつか売却したので、備忘録として書いておきます。

2008年のリーマンショック直前に始めたFX。

結局2014年にそのほとんどを処分したのですが、まだニュージーランドドルが少し残っていました。

↓ ↓詳しくはコチラの記事
撤退したFXは500万円強の利益だと判明

株や投資信託は源泉徴収有りの特定口座で運用していれば、売買の都度に証券会社の方で税金の計算をしてくれますが、FXは年間の利益が20万円を超えると、自分で確定申告をして税金を払わなければいけません。

さらにその利益は、住民税にも大きく影響します。

そのため長い間ほったらかしになっていたのですが、面倒だからといつまでもほったらかしにすることもできず、少しずつ処分していくことに決めました。

2008年10月3日  69.54で10,000ドル分購入
2019年12月17日 72.27で10,000ドル分売却

為替差益 27,300円
スワップ益 210,097円

手数料を除くと236,857円の利益で、その大半がスワップ益という外貨預金で言う利息のようなものでした。

保有している70,000ドル中10,000ドル分しか売却しなかったのは、住民税が一度に上がるのがイヤだったからです。