月例資産棚卸~この後大幅に減るのですが……

コロナウィルス騒ぎで市場は急落しており、資産管理をしているマネーフォーワードでは、本日(2020年2月27日現在)総資産額が前日比370万以上減っていると表示されているのですが、20日間ほどタイに行っていたためアップできていなかった月例資産棚卸を粛々と行います。

2020年2月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+105,137円(+0.12%)

日経平均はこの1ヶ月で-3.53ポイント、NYダウはー0.17ポイントの下落。

日本株式は全体の1割しかないためか、あまり影響は受けませんでした。

(この後、日経平均やNYダウの影響を大きく受けて下がっちゃうんですが……。

目標のアセットアロケーション(2020年1月1日のアセットアロケーション)は以下の通り。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

2020年2月17日のアセットアロケーションは以下の通り
(積み立てている個人年金や保険は、日本債券に含めています)

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有しているファンドは以下の通り

【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス


【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)


【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)


【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO


【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)


【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


終活のための資産売却~アメリカ株

投信ブロガーが選ぶ!Fund of theYearで、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) は2009年から6年連続でトップ10入りし、2012年と2013年は1位、2014年は2位でした。

また、その当時マネックス証券が米国株に力を入れ始め、手数料が大幅値下がりしたこともあり、2014年に米国株式のマイブームが発生しました。

しかし、その後日本国内で販売されるインデックス投資信託の手数料値下げ合戦が起き、

日本円で米国ドルを購入

米国株を購入

ある程度配当金が貯まると、再度米国株を購入

という手間が面倒になり、ほぼ放置状態

ポンコツ投資で40万円以上の損失という記事で書いたように、売却損が出たために

「利益が出ている銘柄の処分チャンス!」

と、米国株を全て処分しました。

売買損益を単純比較すると

24,463.72ドル-20,143.35ドル=4,320.37ドル

ですが、その間配当金が出ていたり、手数料や税金を支払ったりしています。

米国口座には最初に

2,020,057円

入金し、売却まで一切出金していませんが出金額が

2,793,918円

だったので、利益合計は

773,861円

でした。

またこの売却により、15,060円の特定口座内税還付をいただきました。


終活のための資産売却~FX

雑食投資家だったために資産があちこちに散らばっていましたが、2014年9月からインデックス投資に徐々に変換して、ある程度まとまってきました。

しかし、 月例資産棚卸~資産の終活という記事で書いたように、 終活の一環としてもう少し資産を整理したいと思い、いくつか売却したので、備忘録として書いておきます。

2008年のリーマンショック直前に始めたFX。

結局2014年にそのほとんどを処分したのですが、まだニュージーランドドルが少し残っていました。

↓ ↓詳しくはコチラの記事
撤退したFXは500万円強の利益だと判明

株や投資信託は源泉徴収有りの特定口座で運用していれば、売買の都度に証券会社の方で税金の計算をしてくれますが、FXは年間の利益が20万円を超えると、自分で確定申告をして税金を払わなければいけません。

さらにその利益は、住民税にも大きく影響します。

そのため長い間ほったらかしになっていたのですが、面倒だからといつまでもほったらかしにすることもできず、少しずつ処分していくことに決めました。

2008年10月3日  69.54で10,000ドル分購入
2019年12月17日 72.27で10,000ドル分売却

為替差益 27,300円
スワップ益 210,097円

手数料を除くと236,857円の利益で、その大半がスワップ益という外貨預金で言う利息のようなものでした。

保有している70,000ドル中10,000ドル分しか売却しなかったのは、住民税が一度に上がるのがイヤだったからです。


月例資産棚卸~資産の終活?

2020年1月17日現在の月例資産棚卸です。

前月比+779,562円(+0.91%)


日経平均はこの1ヶ月で0.07%しか上がっていませんが、NYダウが史上最高値を更新し、この1か月でも3.82%上昇しました。

その割には資産額が上昇していませんが、やはり「史上最高値」などという言葉を聞くと、「売りたい!」という気持ちが強くなったのと、終活の一環として、もう少し資産を整理しようと、いくつかの銘柄を処分したためです。

また今までは保険や個人年金などのリバランスに向いていない資産はアセットアロケーションに含めていませんでしたが、ボチボチ満期になる保険も出てきて、出口戦略を考える年代になってきたので、全金融資産を対象にアセットアロケーションを考えていこうと思います。

そうなると、新たにアセットアロケーションを考える必要がありますが、現在の資産状況で別に不満も不安もないので、2020年1月1日現在の資産割合を目標のアセットアロケーションに設定して、今後リバランスしていこうと思います。

日本債券 55.82%
先進国  20.57%
日本株式 10.41%
リート  6.88%
新興国  6.32%

かなり中途半端な割合です^-^;

実際のアセットアロケーションは以下の通り
(積み立てている個人年金や保険は、日本債券に含めています)

もう少し詳しい、アセットアロケーションは以下の通り。

上記ポートフォリオにもとづく過去20年実績データは以下の通り

          ↓  ↓

保有しているファンドは以下の通りで、かなり銘柄も整理できました。

【日本債券】
・ニッセイ国内債券インデックス

【日本株式】
・ニッセイTOPIXインデックス
・たわらノーロードTOPIX-NISA
・上場TOPIX(ETF)

【先進国】
・ニッセイ外国株式インデックス
・DCニッセイ外国株式インデックス-iDECO
・たわらノーロード先進国株式-NISA
・上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(ETF)

【新興国】
・iFree新興国株式
・SMT新興国株式-NISA
・たわらノーロード新興国株式-NISA
・EXE-i 新興国株式ファンド-iDECO

【リート】
・ニッセイグローバルリートインデックス(ETF)
・SMT新興国リート(NISA)

【その他】
楽天全世界株式バンガードファンド(楽天ポイントで購入分)


ポンコツ投資で40万円以上の損失

本当にポンコツです。

恥ずかしいことに、私が保有している投資信託の中で一番損失がでているのが、日本債券と位置づけている

MHAM物価連動国債ファンド

このファンドを購入したのは2014年8月という、まさしく投資の勉強を始める直前(2014年9月に勉強開始)でした。

年齢も重ねてきたことだし、攻めの投資だけでなく、日本債券という守りの投資もしよう。

バターや小麦粉などが次々と値上げしているから、物価が上がってもいいように、物価に連動する国債ファンドを購入しよう。

という、いつものように単純な思惑でした。

ところがそれ以降、いっこうに物価は上がらず、国債ファンドなのに0.66%という信託報酬で、一度も分配金が出ることもなく、ただジリジリと下がり続けるだけという悲惨な結果に。

「今このファンドを購入したいか?」

と自問したところ、全く魅力を感じない。

そう思うのに5年以上もかかるなんて、まさしく塩漬けです。

このファンドの愛称は

「未来予想」

というのですが、相場が読めない自分が「未来予想」に投資するのが間違いでした。

ということでやっと、このファンドを売却しました。

購入したときに支払った金額は660万円でしたから、

6,600,000-6,154,935円

445,065

の損失。

でも相場が読めない自分のことだから、売ったら騰がるんだろうなぁ……。

インデックス投資家の方々は日本債券として何を購入しているのでしょうか……?

とりあえずニッセイ国内債券インデックスファンドを毎日積立で購入していこうと考えています。