運用期間は延びたけれど。。。

未だにアクティブファンドとしては唯一保有している
DIAM アジア消費&インフラ関連株式ファンド

 

なぜ購入したかというと、

「アジアの消費はこれから伸びるんじゃない?」

と思ったのと、

「アジアのインフラ整備に微力ながら応援したい」

という気持ちがチョッピリ。

アジアってどの範囲なのかも確認せずに購入してしまいました。

 

改めて調べてみたら2017年4月12日現在で、以下のような投資配分でした。

 

当時はコスト意識が全くないポンコツ投資家だったので、今更ながら

購入時手数料 3.24%
信託報酬 1.836%

という高コストに驚いています。

2014年の8月~10月に200,000円投資して、
2017年7月20日現在が213,363円ですから、

鳴かず飛ばずと言った値動きです。

運用期間も10年間という期限があったなんて、最近になって知るというさらなるポンコツぶり。

なぜ知ったかというと、

・償還日:(変更前)2018年4月27日 ⇒ (変更後)2023年4月12日

という通知をもらったからですが、5年ほど運用期間が伸びたようです。

インデックス投資の原則である長期保有という観点からも、運用期間が限定されているファンドは選んではいけません。

「アジアのインフラ整備を応援したい」

という気持ちはあるけれど、アセットアロケーションの中で新興国割合が増えてきているので、これを売却するかどうか迷っています。


月例資産棚卸~新興国株売ろうかなぁ・・・

2017年7月17日現在の資産棚卸です。

前月比+1,881,390円
+2.23%

日経平均は

6月16日終値 19,943.26

7月14日終値 20,118.86

+0.88%

日経平均上昇率の割には資産が増えているのは、

「新興国の上昇が大きいからかな?」

と思います。

 

たとえば・・・

eMAXIS 新興国株式インデックス

6月16日終値 14,275

7月14日終値 15,229

+6.68%

 

SMT 新興国株式インデックス・オープン

6月16日終値 24,619

7月14日終値 26,264

+6.68%

 


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

 

ですから当然のことながら、新興国の割合が上がってきています。

「新興国株式を少し売却してリバランスしようかなぁ。。。」

と考えています。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。


こちらでは、日本債券+生活防衛の割合が50%以上という目標です。

 

↓  ↓

 

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


小型株は値が飛ぶよ~

ほんの数銘柄ですが、まだ個別株が残っています。

そのうちの一つ、倉庫・運輸サービス業のサンリツを先日売却しました。

購入したのは4年前の2013年6月

購入動機は

・流通の発達でこの業界ははこれからも伸びる
・業界平均値と比較しても割安である

ということでした。

2013年6月5日に525円で1000株
2013年6月7日に515円で1000株

合計2000株購入しました。

そして半年後の
2014年1月23日に575円の指値で売りに出しましたが、売却できたのは2000株中100株のみ。

小型株の場合、売買数が少ないため値が飛んだり、中々一度に売買ができにくいということが生じます。

配当利回りが3%程度と安定した配当金をいただけていたこともあり、その後は、まったりと持ち続けていました。

そして2017年5月11日に発表された2018年3月期の会社予想で業績回復が見込まれることになったため、株価が上昇し始めました。

 

ここまでずっとこの銘柄に注目し続けていたわけではなく、

 

575円になったら、また売却を考えよう」

 

と思い、指定した銘柄が指定した価格になるとメールを受け取ることができるサービス、アラート設定をしていました。

 

このメールを受け取って慌てて確認したところ、決算発表の結果が良かったことに気付いたのです(相変わらずのポンコツです)。

 

気づいた時にはすでに580円を超えていたので、とりあえず575円で900株を逆指値(575円まで下がったら575円で売却される)。

この後少しずつ逆指値の値をあげていこうと思っていたのですが、あっさり下がって575円で売却されてしまいました。

 

「さて、残りの1000株はいくらで売却しようかなぁ・・・」

 

と考え、売り気配や買い気配に出ている株数などを確認して

 

「590円までは一気には上がらないだろう」と指値していたところ、またまたあっさり超えて、売却されてしまいました。

 

購入から売却までの値動きは以下の通り

 

取引数量の少ない小型株の場合は、指値ももう少し考えなければいけません。

ところで株の世界では、大型株小型株という言葉をよく使います。自分的には

資本金が大きい会社の株=大型株

で、トヨタとかdocomoなんかが代表的大型株と思っていました。が、その定義は何だろう?と調べてみたところ、

大辞林では

一般に資本金の大きい会社の株

と自分で思っていた通りの定義。

 

ところがデジタル大辞泉によると、

上場から6ヶ月以上経過した東証市場第一部銘柄中、時価総額流動性が高い上位100銘柄

だそうです。

このサンリツは上位何位くらいかと調べてみたところ、YAHOO!ファイナンス2017年6月21日現在、

東証1部2019銘柄中2010位だそうで、そりゃ値も飛ぶわ!

 

結局、

初期投資 104万円

売却益 約13万5000円

合計受取配当金 約10万円

でした。

 

 

 

 

 

 


月例資産棚卸~リバランスするべきか……

2017年6月17日現在の資産棚卸です。

前月比+57,113円
+0.07%

日経平均は
5月17日終値 19,814.88

6月16日終値 19,943.26

+0.64%

ですから、誤差の範囲という感じです。

 


(こちらのアセットアロケーションに生活防衛資金などは含んでいません)

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国+その他 10%

 

先日個別株を売却したため(近日中に記事にする予定)、日本株式の割合が下がって、日本債券の割合が上がっています。

リバランスするべきかどうか、ちょっと迷っています。

生活防衛資金や保険などを含めた全財産のアセットアロケーションはこちら。


こちらでは、日本債券+生活防衛の割合が50%以上という目標です。

 

↓  ↓

 

保有ファンドは以下のとおりです。

【日本債券】
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
上場インデックスファンドTOPIX(ETF)
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(ETF)
たわらノーロード 日経225
ニッセイTOPIXインデックス(NISA)

【先進国】
ニッセイ外国株式インデックス(NISAと特定口座)
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
DCニッセイ外国株式インデックス-積立中

【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS新興国株式
SMT新興国株式(NISAと特定口座)
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
iFree外国REITインデックス
eMAXIS新興国リート
SMT新興国リート(NISAと特定口座)
SMTグローバルリート(NISA)
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF


久しぶりにスマホ代が2000円超えた

2015年2月に
ソフトバンク+iPhone
から
IIJ+ZENFONE5
に変更しました。

家族や友人との通話はもっぱらLINEを使用しているので、大体毎月

1730円~1850円

くらいです。

しかし4月はレストランの予約や打ち合わせなど、結構普通に電話を使用したため、久しぶりにスマホ月額料金が2000円を超えました。

 

みおふぉんダイアル通話料金は30秒10円ですから、合計で20分程度通話したようです。

家族や友人とは電話代を気にせずにLINEで長話。

電話を使用するのはビジネスライクな場面だけなので、

「結構使ったなぁ…」

と思っても、1回あたりの通話は短くて済むようです。

格安スマホに換えてスマホの通信費が年間10万円ほど安くなっていますから、これまでに20万円以上の節約になっているようです。